トップページ>>SMAS(スマス)法

SMAS(スマス)法とは

フェイスリフトの中でも、SMAS(スマス)法が一般的な手術方法です。
SMAS(スマス)とは表情筋の筋膜のことで、皮膚だけでなくこのSMASも一緒に引き上げなければ、皮膚はまた下がってきてしまいます。SMASを動かせるようにすると、様々な方向あるいは引き上げる程度を自由自在に調節できます。何よりも、皮膚だけを引き上げるミニフェイスリフトと違い、長期間効果を持続させることができます。
SMAS(スマス)法は、たるみの程度が強い方などに適応がありますが、ミニフェイスリフトは皮膚だけを引き上げるので、プチフェイスリフトとも言われ、比較的たるみの程度が軽い方に適応があります。

★少し引き上げたい方は>>>ミニリフト

■たるみの確認
右のイラストは頬のたるみが目立った状態です。青い矢印の方向に垂れ下がっているのがわかります。フェイスリフトは特に頬~口もと~アゴのたるみを改善させることができます。手術は局所麻酔で行います。

たるみイラスト

■どこを切るのか?
患者様から「どこを切るのですか?」と質問されることが多く、「耳の前を切開します」と答えると、耳のかなり前方と思う方が多いのですが、実際は写真のように耳から近い、耳の前のシワ(赤い線)を目安にデザインします。ちなみに赤い矢印(←)は引き上げる方向です。特に青の矢印(←)は、ちょっとした工夫で、 直線距離(*)をとらないようにするためです。※(*)傷は直線だと引きつれの原因になることがあります。
フェイスリフトの手術は若返りが大きな目的ですが、施術後の傷の位置や耳の形態まで気をつけないといけません。

切開デザイン

■SMAS の剥離
耳の前のしわに沿って、切開します。止血を確実に行いながら、丁寧にSMAS(スマス)上を剥離していきます。このSMASとは形成外科医や美容外科医が使う用語ですが、簡単に言うと、表情筋の筋膜だと思ってください。このSMAS弁ごと引き上げると、皮膚だけを引き上げる方法と違い、とても長持ちします。もちろん引き上げる方向、距離によって様々な部位の若返りが可能となります。また何歳ぐらい若返らせるのかの調節もできます。

メスで剥離 ハサミで剥離

メスで剥離

ハサミで剥離

スマスを切開 スマスを挙上

SMASを切開

SMASを挙上

スマスを縫縮 スマスを縫縮

SMASを縫縮

SMASを縫縮

余ったスマスを切除 スマスを縫合

余ったSMASを切除

SMASを縫合

余った皮膚を切除 余った皮膚を切除

余った皮膚を切除1

余った皮膚を切除2

ドッグイヤーの修正 ドッグイヤーの修正

ドッグイヤーの修正1

ドッグイヤーの修正2

真皮縫合 表皮縫合

真皮縫合

表皮縫合

■引き上げ具合の確認~縫合
挙上したSMAS弁を引き上げながら、 皮膚表面の「たるみ」や「しわ」の改善具合を確認します。また、患者さまの上体を起こし、患者様自身に確認してもらいます。イラストは、余分なSMAS弁を切除し、更にナイロン糸で縫合しているところです。最後に「引き上げて余った皮膚」を切除し、2層に縫合して手術終了です。当院では耳の前に小さなガーゼを貼り、包帯などはしません。
(詳しくは「術後について」>>>コチラ

傷跡について

フェイスリフトで切開した箇所もできるだけ目立たなくなるような縫合を行います。 当院には、全国からその技術を受けに傷跡修正の患者様が多数来院されています。傷跡修正の詳細は>>>こちら

■たるみの基礎知識

■リフトアップについて

■その他

■クリニックについて